大切な契約内容の理解

民間企業である金融機関すなわち第三者組織からお金を借りる以上、返済期日厳守での完済がサービス利用上の「絶対条件」となります。親兄弟や友人からの借金と同様に、期日を曖昧に遅滞したり、契約上の月々の返済金額をショートするなどの状況に及べば、契約内容に基づくペナルティが避けられません。ちなみに契約上の条件を満たさぬ返済状況を「延滞」と称し、金融業者からは電話や書面での督促が届き始めます。

この時点で特に注意すべき点として、遅延損害金なる罰金の加算が挙げられます。返済を放置すれば日割りでこの罰則金が膨らみ続け、その利率は厳禁に対する利息とは別の、更に高い利率が用いられています。ズルズルと返済日を先送りにした結果、この遅延損害金が大きくなり過ぎ、若くして経済破綻状態に陥ってしまう利用者が、潜在的に見られ続けている一面を知っておきましょう。

何より学生時代からこうした経済社会に於ける社会的信用度を失う状況となれば、実社会にデビュー後にジュウタクローンなどが組めないなど、社会生活上大きな不具合を負い兼ねません。学生だからと返済面に関し、金融業者側が安易な譲歩を見せてくれる事は一切ありませんので、利用に際しての自己管理の徹底を忘れてはなりません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

急な資金調達に際して

大学生活は急にまとまった資金が必要となる場面が少なくありません。クラブやサークル活動の内容によっては、必要となる周辺アイテムや移動合宿費など、その金額が小さくないジャンルも少なくありません。学業とこれらの活動を両立から、更にアルバイトで必要な金額を捻出し切れず、急遽一定金額以上を調達せねばならない展開が十分想定されます。

こうした場面に於いて、学生ローンは非常に心強い味方ですが、申請から即日100%の融資が叶うとは限りません。1度でも利用から会員資格を有していれば、最寄りのATMや手元のパソコンやスマホを用いての借入も可能ですが、最初の申込時には審査から本人確認など、所定の流れを踏まねばならず、余裕を持った申請が求められます。

また1人で複数の学生ローンの会員資格を持つ人も見られますが、常に各々の借入限度額を一杯まで活用出来るとは限りません。各金融機関で利用条項を共有から、あくまで個人単位での返済能力に基づき、利用の可否や合算した限度額を見極めています。仮にA社で延滞を生じさせてしまった場合、この状況が他の金融機関にも共有され、B社のサービスが一時的に利用不可となるケースも十分想定され、十分な注意が必要です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

業者選択時の着眼点

まずは学生ローンを簡潔に説明すると、学生を対象に融資サービスを提供する金融機関、あるいは融資サービス全体を指しており、基本的に借入金額を何に使うかは借入者の自由です。対して銀行が提供する、学費その他特定の目的に使用する学生ローンは教育ローンと称され、区別して捉えられています。学生ローンは全ての消費者金融が提供している訳では無く、申し込みに際しては業者の選択作業が重要となります。

定職を有する社会人とは違い、本文は学業の学生が自身でアルバイトで稼ぐ金額は限られて当然です。融資金額に対する返済能力面から、学生ローンの融資限度額は一般的なキャッシングサービスよりは低く設定されています。利用に際しては各金融会社が設定する所定の審査をクリアせねばならず、全ての申込者が利用可能とは限りません。ちなみに、返済に不安の方は、返済方法のシミュレーションができるところもあります。学生ローン≪イー・キャンパス≫では、返済の簡易診断が3秒でできます。参考にしてみてはいかがでしょうか。

また利用に際しては利用規約をしっかり理解しておく必要があり、特に万一延滞を生じさせた際の遅延損害金の追加請求など、ペナルティに関する内容は特に事前に把握しておきましょう。その他学生ローンには各社が独自に準備した特典なども用意されていますので、候補となる複数の金融機関をピックアップから、総合的に比較検討する事をお薦めします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

学生ローン基礎知識

一昔前までは「学生は金融業者の融資は受けられない」が一般的な常識であり、社会人として定職に就いている事が、こうしたサービスの利用に際しての最低条件として周知されていました。ですが経済社会自体の時代に伴う変化、中でもインターネットの普及に因るキャッシュレス化の加速の中、今日学生を相性とした「学生ローン」は確実に市民権を得るに至り、多くの若者達がこれらを利用して、より有意義な学生生活を過ごしています。

学生がこうした融資を必要とする場面はさまざまです。実家を離れて学ぶ若者達であれば、時に当面の生活費を確保せねばならない場面も想定されます。あるいは友人達との旅行資金や免許取得など、学生時代だからこそ先行投資が求められる場面も少なくありません。更には何らかの予期せぬ理由で、急遽まとまった金額を用立てねばならないケースもゼロとは言えず、こうした場面では融資の早さが求められます。

学生ローンすなわち金融機関からの借入である以上、所定の返済プランに沿い、元金に利子を添えた金額を期日内に返済する義務を負う「契約を交わす行為」に他なりません。友人や家族間での貸し借りとは意味合いが異なり、社会的責任が伴う行為である事を、利用者はしっかり理解しておかねばなりません。ここでは以下、初めて学生ローンを利用するに際しての重要な作業となる、業者選択時に見過ごせぬポイントに視線を合わせ、見過ごせぬ基礎的な知識をお伝えします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket