大切な契約内容の理解

民間企業である金融機関すなわち第三者組織からお金を借りる以上、返済期日厳守での完済がサービス利用上の「絶対条件」となります。親兄弟や友人からの借金と同様に、期日を曖昧に遅滞したり、契約上の月々の返済金額をショートするなどの状況に及べば、契約内容に基づくペナルティが避けられません。ちなみに契約上の条件を満たさぬ返済状況を「延滞」と称し、金融業者からは電話や書面での督促が届き始めます。

この時点で特に注意すべき点として、遅延損害金なる罰金の加算が挙げられます。返済を放置すれば日割りでこの罰則金が膨らみ続け、その利率は厳禁に対する利息とは別の、更に高い利率が用いられています。ズルズルと返済日を先送りにした結果、この遅延損害金が大きくなり過ぎ、若くして経済破綻状態に陥ってしまう利用者が、潜在的に見られ続けている一面を知っておきましょう。

何より学生時代からこうした経済社会に於ける社会的信用度を失う状況となれば、実社会にデビュー後にジュウタクローンなどが組めないなど、社会生活上大きな不具合を負い兼ねません。学生だからと返済面に関し、金融業者側が安易な譲歩を見せてくれる事は一切ありませんので、利用に際しての自己管理の徹底を忘れてはなりません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket